今なぜ、有機学校給食なのか?-国内外の事例から考える-(日本有機農業学会2021年度公開シンポジウム)

Description


▼ 開催概要

学校給食に有機米や有機野菜を使う有機学校給食(オーガニック給食)に対する関心が高まっています。
その背景には、子どものアレルギーや発達障害、食材の安全性、保護者の経済的困窮、食品ロスなど現在の学校給食が抱える多くの問題が指摘されています。また、有機学校給食によって地域に有機農業を広める効果があることが報告されています。実際、有機学校給食はヨーロッパ、アメリカ、韓国、ブラジルなど世界中で広がっています。

そこで、日本有機農業学会では、有機学校給食の実現に向けた議論を盛り上げるために公開シンポジウムを開催いたします。今回は、有機学校給食を導入することのメリットと導入の課題を中心に検討します。

ヨーロッパ(EU)を中心に世界の有機学校給食の状況、有機学校給食に取り組んでいる全国の自治体の動向、先進地の愛媛県今治市と千葉県いすみ市の報告があります。以上の報告を受けて、有機学校給食の可能性と課題を議論します。

参加費は無料です会員の方はもちろん、非会員の方もご参加いただけます
ご関心のある多くの方のご参加をお待ちしております。


▼ イベント詳細

日時  :2021年6月27日(日)13:30~16:30
開催方法:zoomによるオンライン方式(後日、録画をYouTubeで公開予定)
参加対象:会員・非会員問わずご参加いただけます

参加人数:先着500名様まで
参加費 :無料


▼ お申し込み方法

参加をご希望の方は、 Peatix を使って事前にお申し込み下さい。後日 zoom情報などが送られます。
当日の報告資料は事前に ダウンロードできるように致します。
メディア関係者の方からご要望がございましたらシンポジウム終了後に取材をお受け致しますので、申し込みフォームにその旨ご記入ください。


▼ 当日のプログラム

13:30~13:35 開会あいさつ / 司会:靏理 恵子(専修大学教授)
13:35~13:50 シンポジウムの目的 / 谷口 吉光(秋田県立大学教授)
13:50~14:15 報告①「有機給食と公共調達をめぐる世界の潮流:EUを中心として」 / 関根 佳恵(愛知学院大学准教授)
14:15~14:40 報告②「全国の自治体の取り組み」 / 吉野 隆子(全国有機農業推進協議会理事)、真貝 理香(総合地球環境学研究所外来研究員)

14:40~14:50 休憩

14:50~15:10 報告③「愛媛県今治市の取り組み」 / 安井 孝(NPO法人 愛媛県有機農業研究会理事長)
15:10~15:30 報告④「千葉県いすみ市の取り組み」 / 鮫田 晋(千葉県いすみ市農林課農政班主査)

15:30~16:25 総合討論

16:25~16:30 閉会あいさつ / 金子 信博(福島大学教授)
Sun Jun 27, 2021
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット

On sale until Jun 25, 2021, 12:00:00 PM

Organizer
日本有機農業学会イベント
396 Followers

[PR] Recommended information